ガリバー 車検

MENU

WEBを使えば車検は安く済む

 

 

車検を安全に安く済ませるために

車検に関しては大手だから安心、とも限りません

ガリバーやトヨタ、日産、ホンダなどのディーラーで車検をすることは、そこで車を買った方なら当然のことかもしれません。

 

「購入時の担当者がいるなら、しっかりやってくれているだろう」と思ってしまいがちです。

 

特に大手なら全国的に有名ですから、その名前だけ信頼し、、営業店舗もたくさんありますので、大抵の地域で気軽に車検してしまいがちですが、大手というのは、大概リストにある項目を見て、走るのに問題ないようなことも引っ掛けて値段を請求しているため、必要以上に高いことが多いです。

 

車検をとっかかりに、乗り換えをすすめるのは、よくある営業手口

そして、車検代を出来るかぎり高くして、ここを直さないと車検が通らないけれど、直すとすごく費用がかかるので、新車乗り換えはどうですか?と誘導してきます。

 

つまり、車検代が出来るかぎり高い方が業者が有利という裏側の事情があり、車検代を鵜呑みにするのはオススメできません。

 

費用が高い会社は人件費が高い。同じレベルで安く車検をしよう

の無料車検見積もりサイトでは、大手ディーラーとまったく同じレベルの車検が、格段に安く提供されていることがすぐに分かります。

 

それはつまり、いろいろなオペレーションや、場所代を含む人件費のためであり、車検本来のサービスの値段は実は業者によりかなり抑えることが可能です。

 

 

私は、自分では探しきれないような優良の業者さんと、の無料車検見積もりで出会うことができました。

 

車検の値段は、こういうものを使えば安くなるんだなーと、とても良い経験でしたので、皆さんも一度試してコストダウンを測ってみてはいかがでしょうか?

 

皆さんも得を逃さないでください。

 

 

 

 

車検は優良業者に依頼すると安全で安いです

車検に関してはカーセンサーがおすすめです

 

カーセンサーのウェブ見積もりがなぜオススメかと言いますと、いろいろな地元の優良業者と業務提携をしているので、大手以外の良心的な車検サービス会社を見つけ出せることができるからです。

 

車検は、優良の地元の業者さんに依頼すると、本当に親身に安く確実な点検をしてくれます

 

WEBの車検費用一括見積もりなら安く済む

 

自宅の郵便番号とメーカー、車名を入力するだけで、自宅近くの車検業者が一覧表示されます。

 

自宅からの対象距離を指定して、業者を探すこともできるので、身近な業者からちょっと離れた業者まで簡単に探すことができます。

 

ちなみに、私も利用してみたところ、自宅から10km以内の業者を指定したら、数件の知らなかった業者が見つかり、結局そちらでお願いしました。

 

その他、サービス内容を指定して、希望のサービスを提供している店舗のみを絞り込む事もできます。 もちろん、店舗検索、問い合わせ、見積もりは、全て無料で手数料は一切なしです。

 

無料の車検費用見積もりサービスを利用して、理想の車検店舗を見つけてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

まずは店舗検索をして見積りをとりました

 

 

車検を安く済ませるにどうしたらいいか?実際の見積書をもとにその価格を比較していきます。車種は2004年式、2000ccの『レガシィ』で、今回が3回目の車検です。

 

まずはインターネットでいろいろと調べたのですが、結局は見積りをとらなければ実際の費用がどのくらい掛かるか分からないので、「カーセンサー.Net」で近くの車検店舗検索をして見積りをとってみることにしました。

 

左から「カーコン車検」「イエローハット」「スバルディーラー」の見積書です。

 

 

 

車検価格を決めるのはこの3項目

 

 

 

「カーコン車検」と「イエローハット」は車を持ち込んで見積りをしてもらいました。所要時間はそれぞれ30分前後。(「イエローハット」は混み具合によって変わると思います)今回「ディーラー」は、あくまでも“車検を安く済ませる”ための比較材料なので一般的な見積りを郵送で送ってもらうという形にとどめています。

 

ということで、見積書の金額をまとめてみました。

 

カーコン車検

イエローハット

スバルディーラー

車検基本料

19,000

25,690

24,100

法定点検料

13,000

7,000

29,100

交換部品等

10,595

5,964

11,795

小計

42,595

38,654

64,995

法定費用

56,050

56,050

56,050

合計

98,645

94,704

121,045

単位:円

 

ここでポイントとなるのが[車検基本料][法定点検料][交換部品等]、そしてその[小計]の項目です。当然、[自賠責保険]、[重量税]、[印紙代]を含む法定費用はすべて同じ金額になりますので“車検を安く済ませる”にはこの3つの項目が大事になってきます。見積書の形式や項目名が会社によって異なるのでやや分かりづらいのですが、要するに車検費用の違いはこの3項目の金額の違いということです。

 

 

上の表を見ると「車検基本料」+「法定点検料」の金額が「ディーラー」だけ飛びぬけて高いのが分かりますがこれは仕方のないところでしょう。この2項目の合計金額は、インターネットで調べるともっと安く書いてあるところもありますが、実際に見積りをとると結局「カーコン車検」、「イエローハット」と同じくらいの数字になるようです。

 

 

「交換部品等」に関してはそれぞれ「ブレーキフルード交換」、「ブレーキパッド交換」、「オートマオイル交換」、「下回り洗浄」などが見積書に載っていましたが、これは交換しなければ車検に通らないといったものではないので今回は削りました。今後、機会をみて徐々にやっていけばいいのかなと思っています。ただし、ドライブシャフトブーツに少しオイルが滲んでいるということだったので「下回り洗浄」だけはお願いしました。

 

おすすめランキング

 

イエローハット

結局今回は「イエローハット」で決めました。価格や信頼性などのバランスが良く、立会いによる見積り説明も非常に丁寧で分かりやすかったです。また、交換部品等も「これは必要で、これは今すぐには必要がない」といった説明をきちんとしてくれたので、安心して任せることができました。「イエローハット会員」であればさらにいろいろなサービスがあります。今回はなんと総額から10000円値引きしてくれました。「法定点検+ユーザー車検」と比較しても十分に納得ができる価格と言えます。

カーコン車検

「カーコン車検」はフランチャイズ契約で町の整備工場と提携しているといった場合が多いようです。今回見積りを依頼したのはまさに町の整備工場といった感じのところでした。価格自体は「カーコン車検」の規格ということで安心ですが、設備等が若干不安だったので今回はパスしました。「カーコン車検」は契約しているお店(工場)によって設備やサービスが変わってしまうというのがデメリットと言えるかもしれません。もちろん、良いお店もたくさんあると思います。

スバルディーラー

「ディーラー」は、“車検を安く済ませる”という面ではやはり不利になります。しかし最近では価格もかなり安くなったと思います。とくにスバルのディーラーは点検に出すときも非常に良心的な対応をしてくれます。どこかのディーラーのようにあれもこれもとりあえず見積りにのせて車に詳しくない人からお金を取るというようなことはありません。

 

 

今回、車検料金の比較をする際に利用したのは「カーセンサー」の車検検索サイトです。当サイトの管理人のケースではイエローハットが一番安いという結果でしたが、それぞれの地域によってその料金は異なるので、まずは家の近くの店舗をいくつかピックアップしてその料金を比較することをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

価格

過去2回はユーザー車検で済ませていました。“車検を安く済ませる”という点ではユーザー車検は5です。ただし、2年間安心して乗るという意味で法定点検はしてもらっていたので、クルマを預ければ全てやってもらえるということを考えれば「イエローハット」「カーコン車検」ともコストパフォーマンスは高いと思います。ディーラーが高いのは仕方のないところでしょう。

パーツ代

今回はとくにパーツ代は掛かっていませんが、やはりカー用品店の「イエローハット」はパーツ代が安く済むと言えます。「カーコン車検」はお店によってパーツ代が変わるということになりそうです。正規価格のところもあれば場合によっては中古部品などを調達してくれるといったお店もあるでしょう。当然「ディーラー」は正規価格です。

信頼性

信頼性に関してはやはり「ディーラー」が安心です。価格が高くなってしまうのは全てこの安心感のためと言ってもいいくらいですから。「イエローハット」もこれに準じます。設備もしっかりしています。「カーコン車検」は、やはりここでもお店によって評価が別れてしまうと言わざるを得ません。

サービス

「カーコン車検」=地元の修理工場ということであれば融通が利くという面がありそうです。「ディーラー」は価格に見合ったサービスが期待できるでしょう。ちなみに「イエローハット」は代車が少なくて手配ができなかったです。自宅との送迎というカタチでした。ただし、お米を2kg貰いました(笑)

スピード

車検にかかる期間はそのお店が「指定工場」か「認証工場」かで決まります。例えば同じ「イエローハット」でも、その店舗が指定工場か認証工場かでクルマを預ける期間が変わるということです。指定工場であれば車検1日で終わることも。認証工場の場合は、いずれにしろどこかにクルマを持ち込むことになるので2、3日は掛かります。